BASSRAIN

2010.10.15.Fri. @ Kieth Flack

BASSRAIN -HE:POSSIBILITIES Release Tour-

Adv: 2500 / 1drink order
Day: 3500 / 1drink order
Open: 22:00

Special Guest
MAKOTO (HE:DIGITAL)
VELOCITY (HE:DIGITAL)
KEY MC

Resident DJ
ICHI a.k.a. DIGITAL ONE
SAY
LIGHT
CUNTA

Support DJ
LEICA (disque-)

HE:POSSIBILITIES
MAKOTO監修の元、日本人アーティストの楽曲を中心に、彼らのこれからの可能性とHE:DIGITALの行く先を示唆するコンピレーションアルバム、ドラムンベースだけの枠だけにはとらわれない、全世界のダンスミュージックファンに向けて発信する世界基準のコンピレーションアルバムが完成。2010年 7月16日(金)、iTunes、Beatporを始め主要ストアーでダウンロード販売開始。

MAKOTO
Drum&Bassのミュージカル・サイドを代表するレーベル〈Good Looking Records〉の専属アーティストとして98年にデビュー以来、ソウル、ジャズ感覚溢れる感動的な楽曲を次々に生み出し、これまでに、2枚のアーティス トアルバム『Human Elements』(2003年)、『Believe In My Soul』(2007年)、その他Innerground,Creative Source,Bingo,Hospital,CIA,Liquid VなどのUK主要Drum&Bassレーベルより、12インチシングル、EP、リミックス、コンピレーションへの参加などで数々の楽曲を発表して いる。DJとしては、1stアルバムを発表後、これまでに世界30カ国、100都市以上を周り、数千、数万のクラウドを歓喜させ、その実力を余すところな く証明し続けている。まさに日本を代表し、世界的にもDrum&BassのトップDJ/Producerである。
https://www.humanelements.jp
https://www.myspace.com/humanelements

VELOCITY
2003年2月、DJ、Designer、VJから構成される7NiNE Productionsの設立に参加。同年、7NiNE Productionsがオーガナイズするマンスリーのドラムンベースパーティー “ZERO” の始動に伴い、レジデントDJを務める。 Velocityのプレイは、フロアのヴァイブをトレースし、ハード、スムース… オーディエンスが求める音をフロアに響かせている。2005年にはVJソフト”Motion Dive Tokyo”のSound Effectを手がけるなどドラムベースにとらわれない活動を展開。2008年イシバシ楽器、Pioneer主催のC.N.S (CDJ New Style) Battleの第一回大会ではCDJ、Mixer、Effectを巧みに操り、そのスキルを余すこと無く発揮した結果、準優勝の栄冠に輝き日本トップクラスの実力を証明した。オリジナルチューンがCommixやRandom Movement、さらにはBBC 1XtraでCrissy CrissによりOn Airされるなど、多くのDJによりサポートされている中、日本を代表するアーティストMakotoによるNewレーベル”HE Digital”よりShadow Rollがリリースされ、Beatportやtrackitdown等の主要サイトでチャートインし、さらに今後の動向に注目が集まっている。

KEY MC
幼少よりPiano, Sax, Guitar, Bass等様々な楽器に触れ、14歳の頃より音楽制作を始める。2006年、地元栃木のクラブでDrum’n’Bassと出会い、MC活動を開始。 2008年には拠点を東京に移し、数多くのイベントに出演。2009年、”Fabulous – The Words Of Love”にヴォーカリストととして参加し、全国のレコードショップでHouseチャートを席巻する。またMakoto RemixはBBC Radio1や1Xtra、さらにはDJ Marky主催のInnergroundより発売されたMix CD”DJ Marky & Friends”に収録されるなど世界中にその歌声を鳴り轟かせている。2010年にはフランスのプロデューサーNaibuとの共作”Convictions”が世界中のTop DJによりヘビープレイされ、大きな話題を集めている。
また、mai名義で渋谷Apple StoreやSteinbergday2009でライブパフォーマンスを行うなどジャンルや形式に捕われることなく表現の幅を広げ、現在はロックバンドやダブ、テクノ等の様々なジャンルでのヴォーカルワークに加え、アーティストへの楽曲提供や映像用サウンドトラックの制作など、多岐に渡る活動を行っている。

Kieth Flack
https://www.kiethflack.net/
福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目8-28 マジックスクエアビル1F/2F

より大きな地図で Kieth Flack を表示